マイナーな青汁でも大丈夫!?

青汁を選ぶ場合、マイナーなものよりもメジャーなものを選ぶ人の方が多いと思います。
知名度が高い方が安心感があるので、これは当然といえば当然かもしれません。
ただ名前だけで選ぶのはあまり賢い選び方ではありません。
なぜなら、いくら人気があって有名でもそれがいい青汁かどうかは分からないからです。
たくさん売れていても実は栄養価が少ないものや添加物が入っているものもありますし、
コストパフォーマンスを考えたら非常に悪い場合もあります。
そのため、名前だけではなくきちんと内容を確認してから購入された方がいいです。
あまり名前を聞いたことがないようなマイナーな青汁の中にもいいものはたくさんあります。
コストパフォーマンスに優れていて経済的に優しい青汁や栄養価が非常に高く健康にとてもいい青汁も中にはあるので調べてみるのもいいかもしれません。
特にこのサイトで紹介している「しあわせ青汁」「青汁と21種の野菜」
「青大豆と乳酸菌のすっきり青汁」はさほど有名ではありませんが優秀な青汁なので試してみる価値はあります。
これから青汁を飲もうと思われている方は名前だけではなく総合的に判断して自分に合ったものを選んだ方がいいのではないでしょうか。

 

 

 

人気青汁クチコミランキング

情報

詳細はこちらから

 

 

 

 

青汁は体にいいって本当なの?

「青汁は体にいいって本当なの?」と疑問に感じている人もいるでしょう。
結論からいうと青汁は体にいいから安心してください。
基本的に青汁には食物繊維やビタミン、ミネラルといった栄養がたっぷりと含まれています。
そのため、青汁を飲むことで便秘が良くなったり、肌の調子が改善したり、冷え性が治ったりなど様々な効果を実感できます。
さらに野菜の栄養を摂取することで生活習慣病の予防にも繋がり、健康的な生活をしっかりとサポートしてくれます。
野菜不足になると体に色々な悪影響を与えてしまうので、それを防ぐためにも青汁で野菜の栄養を補いましょう。
食事で1日に必要な野菜量を摂取するのは難しいですが、青汁なら手軽なので非常におすすめです。
しかし、いい加減に青汁を選んでしまうと逆に体に悪いので注意しましょう。
青汁を選ぶ時にチェックしたいのが原料をどのようして栽培しているかです。
農薬や化学肥料を使用して栽培されたものが原料になっているなら体に悪いの避けてください。
無農薬で化学肥料を使用せずに栽培したものを原料にしている青汁を選びましょう。
そして、味が美味しくて飲みやすいものを選んでください。
味が不味いと飲み続けることができず、ストレスになってしまうので体に悪いです。
できる限り、自分が飲みやすいと思えるような青汁を探しましょう。

 

 

子供も青汁を飲んでいいの?

青汁は大人が飲むものというイメージが強いですが、子供が飲んでも平気なのでしょうか?
こういった心配をされている人もいますが、全く気にする必要はありません。
青汁は大人でも子供でも安心して飲むことができます。
むしろ、子供の野菜不足解消におすすめの飲み物で、実際に子供の成長のために飲ませている親御さんは多いです。
ただし、子供に青汁を飲ませる場合、一番注意したいのが味です。
大人であれば我慢できる苦味やクセでも子供にとっては苦痛に感じる場合もあるので気をつけましょう。
子供で野菜が大好きというケースは珍しいのでできる限り苦味がなくクセも弱いものを探してください。
最近は大人だけではなく子供にも飲んでもらおうとしているメーカーが多くなってきました。
そのため、子供でも気軽に飲めるような味に仕上げているところも増えています。
美味しく子供に飲んでもらうためにもケールではなく、大麦若葉や明日葉がメインの青汁を選ぶようにしましょう。
ケールの主原料としてよく使用されることが多いですが、独特の苦味やクセが強いため、子供にも不向きです。
大人でも飲めない人が多いので、飲みやすい大麦若葉や明日葉を主原料とした青汁がおすすめです。
そして、子供に飲ませるなら安全性も重要になってくるので、国産の素材を使用した青汁というのも大事なポイントです。

 

 

どうして値段に違いあるの?

青汁の値段を比較してみるとメーカーによって大きく異なります。
1杯あたり50円前後のものもあれば、100円とか150円のものもあります。
1杯の値段が2倍?3倍くらい違うので、初めて青汁を飲もうとした時に驚かれた人も多いのではないでしょうか。
では、どうしてこんなにも値段がメーカーによって違うのでしょうか?
それは原料の産地や栽培方法が異なるからです。
安い値段の青汁に使用されている原料は外国産です。
それも中国産というケースが非常に多いと思ってください。
中国産の原料を使用しているからといって絶対に体に悪いとはいえませんが、農薬を使用しているかもしれないので注意が必要です。
逆に高い値段の青汁は国産の無農薬の原料をしていることがほとんどです。
手間暇かけて育てた素材を使用しているのでその分コストがかかり、どうしても値段が高くなってしまうのです。
値段が高い青汁を見ると「詐欺?」と思われるかもしれませんが、
そういった訳ではなくこのような理由が隠されていると思ってください。
つまり、品質に優れていて安全性が高いから値段が高いという訳です。
だからといって値段が安い青汁が絶対に悪い訳ではなく、中には安くても安全性に優れたものはたくさんあります。
便秘の悩み解消ならこちら